実はとっても簡単!動画配信をやってみよう!

動画配信ってどうやるの?

今の時代、法人だけではなく個人で動画配信をしている人も沢山います。そう、あなたにもできるんですよ。自分で撮影した動画を世界中の人に見てもらえるのはインターネットの発展あってのことですね。動画投稿サイトを見れば個人制作の動画を沢山見ることができます。それを見て自分もやってみたいという人も出てくるでしょう。それは確かに魅力的ですが「どうやって配信すればいいんだろう?」という人もいると思います。ということでやり方を見てみましょう。

動画配信に必要なもの

まずは動画の内容を決めないと始まりませんね。何を配信するのかによって必要なものは異なります。例えば風景を撮影するならデジタルビデオカメラが良いでしょう。また、自分が使っているPCの画面を配信したければ専用のソフトウェア(フリーのものもたくさんあります)が必要になります。また、リアルタイムで配信するかどうかでも必要なものは変わってきます。リアルタイムでなければ動画編集ソフトで編集するのがよいでしょう。また、投稿する動画サイトへの登録も必要となりますね。

注意点~どんな動画でも良いわけではない~

ただし注意点があります。どんな動画でも配信していいわけではありません。配信サイトの規約に違反したものは消されてしまうでしょう。具体的にどのようなものが違反となるのでしょうか。まず著作権に違反した動画です。例えば録画したテレビ番組・CDから録音した曲を許可無く動画サイトにアップロードする行為は著作権違反となります。BGMが欲しい場合は動画への利用が許可されている素材サイトなどを使うとよいでしょう。ただし動画サイトによってはCDから使える曲がある場合もあります。また、他人の顔がはっきり分かる動画もその人の許可無く配信してはいけません。マナーですね。皆さんもルールを守って楽しい動画配信ライフをしましょう!

ストリーミング配信の音楽が人気の理由は、定額制で聞き放題だからです。さまざまなジャンルの音楽をお金を気にせずに聞けることは音楽好きにはたまらないことです。