web制作は制作後が肝要!にこまめなメンテナンスが出来るように工夫しよう

webは初期制作と同じくらいに、維持管理が重要

会社やお店のweb制作にあたっては、絶対に抑えるべきキモが2点あります。一つは、初期制作だけでなく制作後の維持管理、メンテナンスが迅速かつ柔軟に出来るように設計すべきということです。初期制作にお金を掛けても、掲載している情報は、事業の遂行に伴ってあっという間に古くなるものです。ですからwebは、初期制作の後、定期的にメンテナンスしやすいように考慮して制作することが重要です。今はオープンソースで秀逸なコンテンツマネジメントシステムがありますから、これを上手に組み込めば、文字の修正程度はプロを呼ばなくても出来るように、webを制作することが可能です。

1つのサイトでスマートフォンにもパソコンにも対応

web制作における、もう一つのキモは、今やwebはパソコンからだけでなく、スマートフォンからのアクセスが、ごく当たり前になっているということです。スマートフォンに対応する場合の考え方は2つあって、第一にスマートフォン用とパソコン用とで別のサイトを作るというもの、第二に同一のWebページでスマートフォンにもパソコンにも対応し、かつ、デザインはそれぞれの画面に最適になるよう自動的にデザインを調整するというものです。これをレスポンシブルデザインと言います。最新のコンテンツマネジメントシステムでは、レスポンシブルデザインを採用し、そのデザインを崩さずに、手軽に更新作業が出来るようになっています。

凝ったデザインで古い情報より、シンプルで最新の情報

web制作で多くの人がこだわりを持つ要素の一つに、デザインがあります。かつてはFlashを使った動的なエフェクトが人気でしたが、スマートフォンの多くがFlashをサポートしなくなると同時に、webの閲覧環境ははスマートフォンが増えています。現在ではエフェクトはJavascriptを利用したものが主流になっています。この方法であればスマートフォンでも格好の良い表現が可能です。ただ、デザイン的にどんなに格好がよくても、掲載している情報の鮮度が落ちていては、webはその本当の効果を発揮することが出来ません。格好よいだけで更新に手間がかかってメンテナンス性が悪いwebより、多少シンプルであっても、更新が迅速手軽に出来るwebがお勧めです。また、意外に知られていないことですが、更新によって常にフレッシュな情報を掲載しているwebは、更新されず放置されているwebより、検索エンジン対策上も有利になるということがあります。以上のことから、web制作は、制作後のメンテナンスを十分に考慮することが肝要です。

初めてweb制作をする場合に注意するべきことは、理想を高く持ちすぎないことであり、まずはテンプレートなどを使用してシンプルなものを制作すると失敗が少ないです。