誰でも簡単に扱える!?ポット型の浄水器とは

水を入れて待つだけで浄水できる

浄水器というと、蛇口に取り付けるタイプやキッチンに据え置くタイプなんかを思い浮かべますよね。それらに加えて、最近注目を集めているのが、ポット型の浄水器なんです。使い方はとても簡単で、ポット型の浄水器の中に水道水を入れて待つだけ。一定時間が経過したら、浄水器の内部にあるフィルターによって水道水のろ過が完了しています。ろ過し終わったらタイマーで知らせるくれる浄水器もあるので、時間も無駄になりませんよ。

自由に持ち運びができ、手入れも簡単

いちいち浄水器のある場所まで行って、水を汲むのは面倒ですよね。その点、ポット型の浄水器は自由に持ち運びできるので、どこででもきれいな水を飲むことができますよ。ポット型の浄水器はカラーやデザインも豊富なので、気に入ったデザインのものを探すのも楽しいものです。手入れも簡単で、内部のフィルターを交換すればいつまでも使うことができます。フィルターを交換する目安は、だいたい2ヶ月から3ヶ月に1回くらいです。

ポット型の浄水器を使う際の注意点

ポット型の浄水器を使う際の注意点は、浄水器内の水はなるべく早めに飲みきってしまうことです。長い間浄水器の中に入れたままにしておくと、細菌などが発生することもあるので注意してくださいね。そして、フィルターは定期的に交換するべきです。フィルターの交換を怠っていると浄水機能が落ちるばかりか、古くなったフィルターから細菌が繁殖してしまうかもしれませんよ。ポット型の浄水器は便利なものではありますが、日々のメンテナンスも怠らないようにしましょう。

浄水器とは、水道などに取り付け水をきれいにするためのもので、こうすることでおいしい水を飲むことができます。