いまさら聞けない!?クラウドサービスとは?

クラウドサービスってなに?

パソコンやスマートフォンを所有の方々でインターネットを利用しない人はまずいないと思います。日々インターネットを利用している中で「クラウドサービス」という単語を見たことはありませんか?専門用語でよく分からないと思うかもしれませんが、そう難しく考えることはありません。クラウドサービスとは、簡単に言えば場所を選ばずどこからでもサービスが利用できる形態のことです。例えば、家のパソコンからでも、外出先のスマートフォンからでも、同じショッピングサイトを見て買い物することができますね。意識せずともインターネットを利用する上で必ずお世話になっているはずです。

クラウドサービスの名前の由来

なぜクラウドサービスと言われるか、その由来を考えてみるとサービスのイメージが湧くと思います。クラウド=cloud、つまり”雲”です。クラウドサービスの実態そのものは各々のパソコンやスマートフォン内にあるわけではなく、インターネット上のどこかにあります。サービスの実態がどうなっているのか利用者には不透明です。サービス内容を図示するときにこの不透明な部分を雲の固まりのように表現したことが由来とされています。また、実際に大空に浮かぶ雲をイメージし、異なった場所からでも同じ雲(サービス)を見ることができる、といったイメージでもわかりやすいですね。

クラウドサービスの利点

場所を選ばずどこからでもサービスが利用できると前述しましたが、まさにこれがクラウドサービスの最大の利点です。ひとつゲームを例に取ってみます。従来のゲームではゲームソフトを購入して、ゲーム機本体を通じてプレイしていました。そのため、ゲーム機がある場でしかプレイできませんでした。一方、流行のソーシャルゲームではゲームの実態はほぼインターネット上にあります。プレイヤーはスマートフォンさえあればインターネットに接続してどこからでもプレイできますね。

クラウドサービスを使えば、情報をインターネット上でやり取り出来ます。活用次第ではビジネスにも使えます。